六甲山牧場のこと

六甲山牧場のこと

about us

ゲートを抜けるとすぐそこに、悠々と歩く羊たち。六甲山牧場には、たくさんの動物たちが自由に、のびのびと暮らしています。
牧歌的な景色の中でいただく搾りたてのミルクや新鮮なチーズは、私たちの身も心も元気にしてくれます。日々の喧騒を忘れ、とびきりの癒し体験をどうぞ。

シンボル

シンボルマーク

深い緑色は六甲山の大自然を、羊をかたどった純白は動物たちとのふれあいを表現しています。ブラウンのリボンに牧歌的な雰囲気を感じてもらえるよう願いを込め、シンボルマークにしています。

施設概要

  • 敷地面積
    125.8ha ( 甲子園球場 約32.6 個分) うち一般開放ゾーン23.4ha ( 甲子園球場 約6 個分)
  • 場内施設
六甲山Q・B・B チーズ館
1,274 ㎡ ( 内、工場部分265.4 ㎡ )
まきば夢工房
872 ㎡ ( 内、体験部分 B1 397 ㎡、B2 54 ㎡ )
牛舎
474 ㎡
細羊舎
336 ㎡
サイロ
高さ10m

 

南売店
-
ポニーリンク
1周120m
レストハウス
446 ㎡止
駐車場
南駐車場264 台、北駐車場318 台、西臨時駐車場218 台
※バスは南駐車場と北駐車場のバス専用エリアをご利用ください。
 障害者用駐車スペースは、南駐車場にあります。
 二輪は、北駐車場入り口脇の二輪専用駐車場になります。
               

 

飼育動物 (2020年11月30日現在)

 171 頭
 コリデール:62,ブラックコリデール:2,サフォーク:1,マンクスロフタン:6,チェビオット:2,サウスダウン:2,ポールドーセット:2,ジャコブ:1,テクセル:3,フライスランド:3,ブラックウェルシュマウンテン:3,雑:30
 【成雄:11 頭、成雌:97 頭、成去勢:9 頭、育成雄:0 頭、育成雌:0 頭、育成去勢:0 頭、子雄:29 頭、子雌:25 頭】

ヤギ

 35 頭
 ザーネン:7,シバ系:5,トカラ:1,トカラ系:5,屋久島系:3,ミミナガ:4,ミミナガ系:2,トッケンブルグ:2,トッケンブルグ系:1,アンゴラ:2,アンゴラ系:3
 【成雄:6 頭、成雌:21 頭、成去勢:3 頭、育成雄:0 頭、育成雌:0 頭、育成去勢:0 頭、子雄:1 頭、子雌:4 頭】

 25 頭
 ホルスタイン:14,ジャージー:2,交雑種F1:0,但馬牛:9
 【成雌:0 頭、成雌:11 頭、成去勢:0 頭、育成雄:0 頭、育成雌:13 頭、育成去勢:0 頭、子雄:0 頭、子雌:1 頭】

 9 頭
 木曾馬:2 頭,シェットランドポニー:2 頭,ミニチュアホーズ:3 頭,ハフリンガー系:1 頭,サラブレッド:1 頭
 【成雄1 頭、成雌5 頭、成去勢:2 頭、育成雄0 頭、育成雌0 頭、育成去勢0 頭、子雄0 頭、子雌1 頭】

ミニブタ

 1 頭
 【成雄0 頭、成雌1 頭】

ウサギ

 34 羽
 日本アンゴラ:17 羽,ミニレッキス:5 羽,ミニウサギ:5 羽,ホーランドロップ:5 羽,秋田改良種:2 羽,雑種:0 羽)
 【成雄7 羽、成雌22 羽、成去勢2 羽、育成雄0 羽、育成雌0 羽、育成去勢1 羽、子雄1 羽、子雌1 羽】

モルモット

 12 頭
 【成雄0 頭、成雌12 頭】

水鳥

 5 羽
 大阪アヒル:1 羽,コールダック:4 羽
 【成雄2 羽、成雌3 羽】

牧羊犬

 3 頭
 ボーダーコリー:1 頭,雑:2 頭
 【成雄2 頭、成雌1 頭、子雄0 頭、子雌0 頭】

 

 

 

動物取扱業に関する表示

氏名または名称
一般財団法人 神戸みのりの公社
事業所の名称
神戸市立六甲山牧場
事業所の所在地
神戸市灘区六甲山町中一里山1-1
動物取扱業の種別
展示 0206016 号
販売 0206015 号
登録年月日
2006年8月8日
有効期間の末日
2021年8月7日
動物取扱責任者
宮元 学
               

沿 革

昭和25年度

 

スイスの山岳酪農をモデルに畜産振興と観光的色彩をもつ高原牧場の開設を企画し、 5年間の牧草栽培試験を実施

昭和31年度

動物( 牛2 頭、羊3 頭) の放牧開始

昭和47年度

市内酪農振興の拠点として乳牛265 頭、羊130 頭に

昭和51年度

4 月1 日より一般開放

昭和62年度

神戸チーズ館オープン、神戸チーズの製造・販売(7 月19 日)

平成 2年度

フリーストール式搾乳牛舎建設

平成12年度

体験学習館( 仮称) 建設開始

平成13 年度

体験施設 まきば夢工房オープン(7 月18 日)